メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「民族浄化」 ミャンマー政府に批判

 ミャンマー西部ラカイン州で暮らす少数派イスラム教徒。8月25日にロヒンギャの武装集団が警察や国軍の施設を襲撃した後の約3週間で、ラカイン州北部のロヒンギャの居住地域80カ所以上が治安当局などによって組織的な焼き打ちに遭いました。死者は400人以上とされ、州内のロヒンギャ100万人のうち40万人以上が難民となり、隣国バングラデシュに流入しました。ミャンマー政府には国際的な批判が集中しましたが、武装勢力に対する正当な掃討作戦と釈明しています。

 ラカイン州で18世紀後半まで仏教徒とイスラム教徒が共存していましたが、英国の植民地支配を経て、軍事…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです