メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

猿染めの沼=小野正嗣 /大分

 僕の小説にはよく猿が出る。

 うん、その自覚はある。

 仏壇に向かって背中を小さく丸めて手を合わせている人がいる。そう思って電気をつけたら、お供え物の桃を盗みに来た猿だった。そんな話を4半世紀前に教えてくれたのは母方の祖母だった(あるいは祖母からそれを聞いた母だったか……)。

 しかし、それは猿ではなくて、猿の姿を借りて妻に会いに来た、終戦の年に海難事故で死んだ夫だった--とは、もちろん祖母は言わなかった

 僕が勝手にそんな情景を思い描いて短篇小説に書き込んだのは、もう20年も前のことだ。

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2193文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです