メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流浪の果てに

イランのアフガン難民/5止 教育、就職とリンクせず

イラン国旗が描かれた高校の正門を出るレイラ・ハサンプールさん(手前)。校舎の壁には最高指導者ハメネイ師(左)と故ホメイニ師の肖像が描かれている=イラン北東部マシャドで1月

 2015年5月、イランに暮らすアフガニスタン人に吉報が届いた。正式な難民登録がない子供も、学校に通える制度ができるというのだ。

 「(難民を証明する)文書を持たない人でも、教育を受ける権利が否定されてはならぬ」。ニュースを特報したイラン革命防衛隊に近いタスニム通信は、最高指導者ハメネイ師の意向だと伝えた。

 正式に難民登録されているアフガン人は約95万人(16年)。一方、不法滞在などによる未登録者は約15…

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1051文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]