メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金期再来

プロ野球 カープ連覇の裏側/中 先見据えた獲得戦略

今季急成長し、14勝を挙げた3年目の薮田=久保玲撮影

 広島で今季最も成長した選手の一人が3年目の右腕、薮田だ。開幕当初こそ中継ぎだったが、昨季最多勝の野村が腰痛で一時先発から外れるチーム事情で交流戦から先発の一角に加わり、14勝を積み上げた。今やチームの勝ち頭となり、連覇の立役者へと成長した。

 2014年ドラフトで2位入団した薮田。岡山理大付高から進んだ亜大では故障がちで、リーグ戦未勝利だった投手を2位指名した背景には、市民球団ならではの「縁」があった。ある日、松田元オーナーがマツダスタジアムから乗ったタクシーの運転手が、薮田の母親だった。「うちの息子、大学で野球をやってるんですよ」。その一言がきっかけで、松田オーナーがスカウトに声を掛けた。もちろん「縁」だけではない。スカウト陣は150キロ超の速球を投げられる素質に目を付け、実績こそなかったが上位指…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文887文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]