メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ貸し出し不正転売 神戸地裁有罪判決

 人気ロックバンド「サカナクション」のコンサートの電子チケットを転売目的で取得したなどとして、詐欺罪に問われた和歌山市園部の無職、小西正敏被告(44)に対し、神戸地裁は22日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。神原浩裁判官は「真にコンサートに行きたい一般客の機会を奪い、音楽業界全体の不利益になる」と指摘した。

 判決によると、小西被告は今年2月、インターネットのチケット販売サイトを通じて、「サカナクション」の電子チケット2枚(販売価格計1万3000円)をサイトの規約に反して転売目的で購入するなどした。

 電子チケットは二次元コードをスマートフォンの画面に表示して入場券とする仕組みで、転売防止の効果が期待された。しかし、小西被告はスマホ自体を貸し出す手口で2枚を計7万4000円で転売。電子チケットの不正転売として全国で初めて立件された。【望月靖祥】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
  2. 大阪・摂津職員 カラ残業、焼却施設8人3年間 市が調査
  3. 立憲民主 「無所属と連携」議論へ 希望に小池氏排除の声
  4. 神戸地下鉄 阪急線との乗り入れ、本格検討
  5. 衆院選 「鉄の天井、改めて知った」希望の小池氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]