メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

静岡・松崎 長八記念館 天井の龍に喜怒哀楽 見る位置で変わる表情 /東京

内陣の天井いっぱいに描かれた「雲龍図」。左は本多さん

 「伊豆の長八」こと入江長八(1815~89年)をご存じだろうか。左官道具の鏝(こて)と漆喰(しっくい)で描いた立体絵画「漆喰鏝絵」を芸術の域に高めた名工である。その傑作を展示している「長八記念館」が出生地の静岡県松崎町にある。見方によって絵の表情も違って見えるらしい。そんな不思議な天井画「雲龍図」を見に、記念館を訪れた。【垂水友里香】

 伊豆箱根鉄道の修善寺駅からバスを乗り継ぎ約2時間。松崎町は伊豆半島の先端に近く、その街並みは漆喰の…

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです