メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 5Gってどんなサービス?=回答・浜中慎哉

通信サービスの歴史

通信速度、4Gの数十倍 医療や自動運転で活用

 なるほドリーマン君 「5G(ファイブジー)」と呼ばれる通信サービスの開発が進んでいると聞いたけど、どんなサービスなの?

 記者 2020年の実用化を目指して開発が進む次世代の高速通信サービスです。通信速度が、これまで使われていなかった周波数帯域を活用することで、現行の通信方式である「4G」より数十倍速くなります。駅や繁華街など人が密集した場所だと通信速度が遅くなりがちでしたが、5Gだと遅延なくスムーズにデータを送受信できるようになります。例えば、大容量の映画でも途切れることなく視聴できるようになると言われています。日本や米国、欧州、中国、韓国などが開発を進めており、日本で開発の中心を担うのはソフトバンクグループ、KDDI(au)、NTTドコモの携帯電話大手3社です。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです