メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

駄菓子「棒きなこ」 「当たり」引けば幸せ気分

コーヒーにも合う駄菓子の「棒きなこ」

 「はいっ」。愛想笑い一つ浮かべるでもなく、老主人はテーブルに皿を置いた。フォークは付いていない。注文の料理はミートスパゲティ。と、なると「これか?」。円筒状の箸入れに刺さっている割り箸を抜き、パキッと割ってスパゲティにソースを絡めた。「うーむ、レトロ!」。なんだか、とても落ち着いた気分になる。そんなとき、携帯電話が鳴った。午後8時3分。昭和の時代が薫る駄菓子「棒きなこ」の取材は夜になった。

 JR錦糸町駅(東京都墨田区)北口から東へ、高架沿いに約300メートル。訪ねるのは都内に「3軒しか残…

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです