メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「テーブルを見渡してカモが1人も見当たらなかったら…

 「テーブルを見渡してカモが1人も見当たらなかったら、いったい誰がカモなのかは明白である」。「おまえだよ!」の声が聞こえてきそうなポーカーの格言である。英語ではカモを魚のフィッシュという▲このところ不振をかこっていた勝負師が、ふとテーブルを見渡したら何とカモばかり。ここは大勝負に出るの一手とみたのか。政権復帰以来、国政選挙で勝利を重ねてきた安倍晋三(あべ・しんぞう)首相が狙いすまして打って出た解散・総選挙である▲森友・加計(かけ)問題で落ち目の首相が逆転の勝機を見いだしたのは、政権批判の受け皿になれぬ野党の混迷や選挙態勢の遅れからだろう。北朝鮮情勢の緊迫で支持率も戻す中、超長期政権の扉が開くわずかな一瞬を「今」と踏んだようだ▲だが勝負師ならば東京都議選で自民党を惨敗させた小池百合子(こいけ・ゆりこ)知事もいる。あたかも首相の解散表明の当日、希望の党を自ら設立すると宣言、選挙態勢の立ち遅れ挽回(ばんかい)をアピールした。こちらもテーブルの面々を見渡しての名のりか▲もちろん野党もカモ扱いされ、甘んじるわけにいかない。森友・加計問題の追及から逃げ回ったあげくの臨時国会冒頭解散の非を突き、安倍政権の超長期化への国民の拒否反応を掘り起こす構えである。こちらの切り札は選挙共闘か▲公約などはもっぱら後からのつけ足しというこの解散・総選挙、目立つのは勝負師らの駆け引きやはったりばかりだ。この「カジノ民主主義」の賭け金、むろん今後長きにわたる国民の運命にほかならない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
    5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです