メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

ツイッター、くすぶる不満 適否判断、見えぬ基準

差別的投稿への監視や即時削除を求めて抗議する人々=東京都中央区京橋のツイッタージャパン本社前で、松崎進撮影

 <net watch>

差別的投稿放置/理由明かさずアカウント凍結

 代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である「ツイッター」の運営方法に疑問の声が上がっている。「差別的な投稿が放置されている」と批判される一方、理由も明示せず個人のアカウントを凍結する。「情報インフラ」と言われるまでに成長したサービスだが、投稿内容の適否の判断がブラックボックス視され、「政府の圧力があったのでは」との陰謀論すら出回る始末だ。【川崎桂吾】

 「差別ツイート 野放しやめて」--。東京都中央区のツイッタージャパン前に今月8日、プラカードを持つ…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1134文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです