メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

宅配ボックス 戸建て用需要急増で多様化

インターホンが付いた門柱一体型の戸建て用宅配ボックス=東京都中央区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 宅配便の増加で注目が高まる宅配ボックス。不在時の荷物受け取りが可能になるため、集合住宅だけでなく、戸建て住宅用の需要も増えている。どんな商品があってどのような使い方ができるのかまとめた。

 物置と一体化した大型ボックスから簡易な布製ボックスまで、市販の戸建て用宅配ボックスにはさまざまな種類とサイズがある。約30種類の宅配ボックスを取り扱う住宅用資材通販サイト「環境生活」では、今年4月ごろから戸建て用の検索件数がそれまでの約10倍に跳ね上がったという。サイトを運営する「NOGUCHI」の佐藤愛美さんは「配達遅延や宅配会社の負担増がニュースで話題になり、宅配ボックス需要が掘り起こされた」とみている。マンション向け宅配ボックスは以前から一定の需要があったが、戸建て用に関する問い合わせは今年に入り急増しているという。

 NOGUCHIによると、戸建て用ボックスの主な価格帯は3万円前後だが、低価格商品は数千~1万円前後…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです