メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

宅配ボックス 戸建て用需要急増で多様化

インターホンが付いた門柱一体型の戸建て用宅配ボックス=東京都中央区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 宅配便の増加で注目が高まる宅配ボックス。不在時の荷物受け取りが可能になるため、集合住宅だけでなく、戸建て住宅用の需要も増えている。どんな商品があってどのような使い方ができるのかまとめた。

 物置と一体化した大型ボックスから簡易な布製ボックスまで、市販の戸建て用宅配ボックスにはさまざまな種類とサイズがある。約30種類の宅配ボックスを取り扱う住宅用資材通販サイト「環境生活」では、今年4月ごろから戸建て用の検索件数がそれまでの約10倍に跳ね上がったという。サイトを運営する「NOGUCHI」の佐藤愛美さんは「配達遅延や宅配会社の負担増がニュースで話題になり、宅配ボックス需要が掘り起こされた」とみている。マンション向け宅配ボックスは以前から一定の需要があったが、戸建て用に関する問い合わせは今年に入り急増しているという。

 NOGUCHIによると、戸建て用ボックスの主な価格帯は3万円前後だが、低価格商品は数千~1万円前後…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1692文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]