メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「少国民シリーズ」 山中恒さん

どんな時代でも魂は自由 山中恒さん(86)

 「赤毛のポチ」などの長編作品を著し、戦時中の学校教育の実態を丹念に描いた「少国民」シリーズで知られる児童文学者の山中恒さん(86)は、作家として一貫して反戦を訴え続けている。創作活動の原点となった戦時中や戦後の記憶、児童文学への思いを聞いた。【聞き手・塩田彩】

 子どもの頃から活字が好きで、たくさん本を読みました。「小公子」や「ああ無情」などの海外児童文学が好…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1003文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです