メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

生活保護 問われる「文化的生活」

 生活保護は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という憲法25条に基づく制度です。支給基準は5年に1度、見直されることになっていて、国が今その作業を進めています。【熊谷豪】

最後の安全網なのに 8割が「すり抜け」

 働けなくなったり病気になったりした時のために、社会にはさまざまな安全網(セーフティーネット)が用意されている。失業保険、年金、医療保険、生活困窮者自立支援制度などだ。その中の「最後の安全網」が生活保護。十分な貯金がなく、親族の支援も得られない世帯に、必要な生活費、住宅費(家賃)などを支給する。医療費も原則自己負担ゼロになる。

 生活保護は、どんな人にも最低限度の生活を保障する制度だが、実際にはここからすり抜け、最貧困状態に陥…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです