メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 煩悩と戦い 人は成長=村田諒太

 (カットは直筆)

 アッサン・エンダムとの世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチの再戦(10月22日、東京・両国国技館)に向け、実戦練習を繰り返しています。完全決着を求められているのは分かっているので重圧もあります。ただ、頑張ろうと思いすぎることによるマイナス面を数試合経験していることもあり、その辺りをコントロールする力は上がってきているみたいです。

 しかし、ボクシングは相変わらず身体にダメージをため込む競技だなと改めて感じています。今回のコラムを…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1166文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  3. 小比類巻かほる 「Anison Days」で「シティーハンター」OP披露 「ルパン三世」も
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 富山の教諭 部活指導で過労死認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]