メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 煩悩と戦い 人は成長=村田諒太

 (カットは直筆)

 アッサン・エンダムとの世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチの再戦(10月22日、東京・両国国技館)に向け、実戦練習を繰り返しています。完全決着を求められているのは分かっているので重圧もあります。ただ、頑張ろうと思いすぎることによるマイナス面を数試合経験していることもあり、その辺りをコントロールする力は上がってきているみたいです。

 しかし、ボクシングは相変わらず身体にダメージをため込む競技だなと改めて感じています。今回のコラムを…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1166文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです