メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 【ワシントン大前仁】米国務省は26日、ティラーソン国務長官が28日から来月1日までの日程で中国を訪れると発表した。11月に予定するトランプ米大統領の初の中国訪問を控え、中国指導部と意見を交わす。核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を巡る情勢が緊張していることを受け、中国と協調できるか模索する。

     国務省の声明はティラーソン氏の訪中について、朝鮮半島情勢にとどまらず、2国間の貿易や投資を巡る問題も協議すると指摘。中国での市場開放促進や米国の知的財産保護などを話し合うとみられる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです