メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

市民がボランティアに 精神的サポートも

被災者に笑顔でハンバーガーを渡すコウセピシオン・サンチェスさん(右)=メキシコ市で2017年9月24日、山本太一撮影

85年のメキシコ大地震での経験を踏まえて…

 【メキシコ市・山本太一】メキシコ中部で19日に起きたマグニチュード(M)7.1の地震の被災地では、多くの市民がボランティアに参加している。1万人以上が死亡した1985年のメキシコ大地震での経験を踏まえ、メキシコ市では飲食や物品の配給だけでなく、行方不明者の家族を精神的に支えるサービスを提供していた。

 メキシコ市では今回の地震で約190人が犠牲になった。市中心部のローマ地区では、壁や窓が壊れ、規制線…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです