メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の世紀」研究

現代史と国際政治の視点から/30止 日米開戦 欧亜を糾合、世界戦争へ

「南進促す圧力は対独第二戦線」 共同戦略、国家を超えた「力学」生む

 1941年6月に開始されたナチスドイツのソ連侵攻は、枢軸陣営の日本に対する米国の外交政策に重大な影響を与えた。独軍の攻勢が続く同年10月、F・ルーズベルト米大統領ら反枢軸陣営の関心は<(英国に代わってドイツと戦う)ソ連の背後(極東シベリア)から、いかに日本(関東)軍を遠ざけておくか>(W・ハインリックス『Threshold of War(戦争の発端)』未邦訳)にあった。

 ルーズベルトは同年夏、大英帝国の拠点、シンガポールを脅かす日本軍の南部仏領インドシナ進駐(7月28…

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文1902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです