メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の世紀」研究

現代史と国際政治の視点から/30止 日米開戦 欧亜を糾合、世界戦争へ

「南進促す圧力は対独第二戦線」 共同戦略、国家を超えた「力学」生む

 1941年6月に開始されたナチスドイツのソ連侵攻は、枢軸陣営の日本に対する米国の外交政策に重大な影響を与えた。独軍の攻勢が続く同年10月、F・ルーズベルト米大統領ら反枢軸陣営の関心は<(英国に代わってドイツと戦う)ソ連の背後(極東シベリア)から、いかに日本(関東)軍を遠ざけておくか>(W・ハインリックス『Threshold of War(戦争の発端)』未邦訳)にあった。

 ルーズベルトは同年夏、大英帝国の拠点、シンガポールを脅かす日本軍の南部仏領インドシナ進駐(7月28…

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文1902文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]