メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

アサヒビール 平野伸一社長

冷涼感で若者取り込む

 若者のビール離れなどで国内ビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の総出荷量はこの20年間で3割減少した。そんな厳しい市場環境の中、アサヒビールは今年が発売30周年の看板商品「アサヒスーパードライ」の人気などを背景に7年連続シェア首位を維持している。同社の平野伸一社長に今後の戦略や課題を聞いた。【聞き手・今村茜】

 --ビール類市場の縮小に歯止めがかかりません。若者を引きつける商品の開発にどう取り組んでいますか?

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1053文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
  5. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]