メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <くらしナビ おとなへステップ>

衆院総選挙にノーベル賞発表 日本の受賞者26人目誕生なるか

 秋もいよいよ本格化。「天(てん)高(たか)く馬肥ゆる」季節とされる秋は「食欲の秋」とか「スポーツの秋」とか言われますが、「読書の秋」という言い方もあることを忘れないでくださいね。

 毎年10月にはノーベル賞が発表されます。最初は2日の医学生理学賞です。去年は大(おお)隅(すみ)良(よし)典(のり)・東京工業大学栄(えい)誉(よ)教授が選ばれました。これまでに日本のノーベル賞の受賞者は計25人に上っています。さて、26人目の受賞者は誕生するのでしょうか。世界的にはノーベル平和賞の受賞者は誰(だれ)だろうかということが話題になります。中東シリアの内戦が続き、過激派組織「イスラム国」(IS)のテロも起きる中で、平和のために功績のあった人や団体として、誰が選ばれるのでしょう。

 9日は体育の日。そもそもは1964年の東京オリンピックの開会式があった10月10日でしたが、第2月…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1178文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです