メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

就活商法 将来不安から受講契約

 就職活動(しゅうしょくかつどう)中の学生を狙(ねら)い、英会話や就(しゅう)活(かつ)向(む)け講座の受講を迫(せま)る強引な勧(かん)誘(ゆう)が問題になっている。

 就職活動をしている愛知県の大学生Aさん(21)は、ある会社説明会の帰りに呼び止められ、就活に関するアンケートに答えた。すると後日、「就職に役立つ」と電話で呼び出され、英会話教室の契(けい)約(やく)を勧(すす)められた。ためらったが、「もう大人(おとな)なんだから自分で決めて」「費用はバイトで払(はら)える」などと説得され、結局約60万円の契約をした。

 東京都内の大学生Bさん(22)も、就職説明会の会場を出たところでアンケートに回答。「就活向け講座の…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文863文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです