メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ノーベル賞、来週発表 日本の候補は 4年連続の受賞なるか

 ノーベル賞(自然科学)の発表が10月2日から始まる。過去の日本の受賞者は計22人(米国籍の2氏含む)。特に2000年以降では17人が受賞しており、予算削減など国内の研究環境悪化が懸念される中、日本の研究者が4年連続で受賞するかどうか注目される。【荒木涼子】

 ●医学生理学賞(2日)

 生体の機能解明や創薬、治療法などの功績に贈られる。昨年は生物の細胞内でたんぱく質を再利用する仕組みを解明した大隅良典・東京工業大栄誉教授(72)が受賞した。

 注目は、今年のガードナー国際賞受賞が決まった遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(83)だ。大隅氏も15…

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1806文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです