メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

原子力規制委 田中体制の5年=岡田英(東京科学環境部)

原子力規制委員会発足式で訓示する田中俊一委員長=東京都港区で2012年9月19日、矢頭智剛撮影

 ◆岡田英(えい)

「福島」の教訓、風化懸念

 原発の安全規制を担う原子力規制委員会が発足して今月で5年。東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえた組織には、二度と惨事を繰り返さないという決意があったはずだ。だが今月、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働を巡り東電の原発事業者としての「適格性」を認めた経緯などを見ると、初期の緊張感が失われていると感じる。初代委員長の田中俊一氏(72)に代わり、委員長代理から今月就任した更田豊志(ふけたとよし)氏(60)が規制委を率いるが、原点に立ち返る姿勢が問われる。

 東日本大震災翌日の2011年3月12日朝。私は福島第1原発がある福島県大熊、双葉両町を通る国道6号…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです