メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炭素結晶

39.5億年前、生命痕跡か 最古記録 カナダで採取、岩石に 東大チーム

39億5000万年前の岩石から見つかった生物由来とされる炭素の結晶。わずか0・1ミリほどしかない=小宮剛・東京大准教授提供

 カナダ北東部で採取した39億5000万年前の岩石から生命の痕跡とみられる炭素結晶を発見したと、東京大などの研究チームが28日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。従来の最古記録は38億年前のものとされる。地球の生命誕生の過程を解き明かす手がかりになる可能性がある。

 小宮剛・東大准教授(地質学)らは2011~13年、カナダ北東部ラブラドル地方を調査し、沿岸域で156個の堆積(たいせき)岩を採取した。これらの年代を測定した結果、39億5000万年前にできたことが分かった…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです