メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炭素結晶

39.5億年前、生命痕跡か 最古記録 カナダで採取、岩石に 東大チーム

39億5000万年前の岩石から見つかった生物由来とされる炭素の結晶。わずか0・1ミリほどしかない=小宮剛・東京大准教授提供

 カナダ北東部で採取した39億5000万年前の岩石から生命の痕跡とみられる炭素結晶を発見したと、東京大などの研究チームが28日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。従来の最古記録は38億年前のものとされる。地球の生命誕生の過程を解き明かす手がかりになる可能性がある。

 小宮剛・東大准教授(地質学)らは2011~13年、カナダ北東部ラブラドル地方を調査し、沿岸域で156個の堆積(たいせき)岩を採取した。これらの年代を測定した結果、39億5000万年前にできたことが分かった…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです