メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

面前DVに遭って 第2章/中 心のケア、不足する受け皿

記者に宛てた手紙。面前DVを受けた子どもの様子がつづられている=長谷川直亮撮影

 ●相談窓口はどこ?

 ドメスティックバイオレンス(DV)家庭で育つ子どもをテーマに取材を続ける記者宛てに、1通の手紙が届いた。

 <5歳の娘がいますが昨年から精神的に不安定になりました。症状は摂食障害、登園拒否、吐き気の訴えです。カウンセリングを受けられる場所を教えていただきたくお手紙を書かせてもらいました>

 差出人は女性。手紙には、夫からのモラルハラスメント(精神的暴力)で追い詰められ別居したこと、女性へ…

この記事は有料記事です。

残り1974文字(全文2178文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 障害者雇用水増し 93%は障害者手帳や診断書なし
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 訃報 清水栄馬さん94歳=タレント清水国明さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです