メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治体シリーズ

首長に聞く 市制施行80周年 愛媛・新居浜市 歴史と文化を未来へ

 江戸時代に採掘が始まった別子銅山を背景に、住友の企業城下町として繁栄を遂げた新居浜市。1937年に市制を施行し80年、幾度の編入合併などを経て現在の市勢となった。市政施行80周年を機に市は多くの記念事業を実施し、未来に向けた戦略にも取り組む。「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」への期待と合わせ、石川勝行市長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

 --新居浜市市制施行80周年について教えてください。

この記事は有料記事です。

残り2710文字(全文2916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです