メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

脳卒中 生活習慣病改善で予防 しびれや言葉の障害、要注意

 脳卒中は、日本人の死因でがん、心臓病、肺炎に次いで第4位となっており、発症すると寝たきりや認知症の原因となる恐れもある。健康寿命を延ばすため、脳卒中をいかに予防したらいいのだろうか。県立中央病院(高松市朝日町1)の河内正光副院長(61)に話を聞いた。【聞き手、毎日新聞高松支局長・成沢健一】

 -脳卒中は正式には脳血管障害と呼ばれているようですが、どのように分類されているのでしょうか。

 ◆大きく分けて脳梗塞(こうそく)と脳出血に分けられます。「卒」というのは「急に」で、「中」には「当…

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2795文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]