メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1958年に3年連続日本一を果たした西鉄ライオンズの栄華は長くはなかった。翌年は4位で、故三原脩監督は大洋ホエールズに移り、後を継いだ故川崎徳次監督も2年連続3位に終わった。

 62年、球団は28歳の中西太さん(84)を監督に据え、27歳の故豊田泰光さんを助監督、24歳の故稲尾和久さんをコーチに就ける、いずれも選手兼任の「青年内閣」を発足。だが機能せずに3位。豊田さんは国鉄スワローズへ移籍した。

 63年は外国人3選手が活躍し、5年ぶりにリーグ制覇。福岡拠点のライオンズの最後の優勝となった。日本…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです