メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災漂流物

289種の生物が付着 北米にたどり着く

岩手県から流された船から見つかったウミウシ=オレゴン州立大のジョン・チャップマン氏提供

 東日本大震災の津波で太平洋に流れた漂流物に付着し、289種の生物が生きたまま日本から北米西海岸やハワイにたどり着いていたと、米オレゴン州立大学などの研究チームが29日付の米科学誌サイエンスに発表した。自然に分解されないプラスチックなどの漂流物に付着することで、長距離移動が可能になったと分析している。

 研究チームは2012~17年、北米大陸西海岸やハワイに漂着した船舶やブイなどの634品を調べ、貝類…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです