メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

このBSが目に入らぬか 時代劇に脚光 黄門様、6年ぶり連ドラ

BS-TBSの時代劇「水戸黄門」に出演する(左から)風車の弥七役の津田寛治さん、佐々木助三郎役の財木琢磨さん、水戸光圀役の武田鉄矢さん、渥美格之進役の荒井敦史さん=京都市右京区の東映京都撮影所で、屋代尚則撮影

 地上波でめっきり見る機会が減った時代劇が、最近はBS放送で「復活」している。再放送だけではなく、10月からは人気シリーズ「水戸黄門」(TBS系)が6年ぶりにBS-TBSの連続ドラマとして帰ってくる。今、BSで時代劇にスポットライトが当たっている理由とは?【屋代尚則】

 「演じるというより(黄門役に)就任した気分。ご期待を裏切らないよう頑張る」

 京都市の東映京都撮影所で8月上旬にあった「水戸黄門」(10月4日から水曜午後7時)の制作発表記者会…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1151文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]