メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

原爆投下後の写真 生前の暮らしも伝え/被爆者の話とリンク /広島

広島・原爆資料館学芸員の落葉裕信さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 核兵器がどのような破壊と惨禍をもたらすのか。長崎や広島で原爆投下後に撮影された写真は、被爆者の証言とともに、被爆の実相を如実に後世へ伝える貴重な資料だ。広島では原爆資料館が、長崎では長崎平和推進協会の写真資料調査部会が中心になって、写真の収集を進めてきた。被爆者が少なくなる中、写真を今後、どのように活用していけばいいのか。同館学芸員の落葉裕信さん(40)と同部会員で最年少の草野優介さん(29)に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2495文字(全文2701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです