メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎から、広島から

原爆投下後の写真 /長崎

 <長崎・広島合同企画>

 核兵器がどのような破壊と惨禍をもたらすのか。長崎や広島で原爆投下後に撮影された写真は、被爆者の証言とともに、被爆の実相を如実に後世へ伝える貴重な資料だ。長崎では長崎平和推進協会の写真資料調査部会が、広島では原爆資料館が中心になって、写真の収集を進めてきた。被爆者が少なくなる中、写真を今後、どのように活用していけばいいのか。同部会員で最年少の草野優介さん(29)と同館学芸員の落葉裕信さん(40)さんに話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2505文字(全文2725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです