メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

面前DVに遭って 第2章/下 経験共有し、取り戻す安心

フィードバック研究会で出てきた意見が次々に書き込まれていった=札幌市で、坂根真理撮影

 ●成人後、抑圧の反動

 虐待や面前でのドメスティックバイオレンス(DV)の経験がある20代の男女らがテーブルを囲み、子ども時代の暴力や抑圧体験をテーマに意見を交わした。若者たちは、お互いをニックネームで呼び合う。

 父が母を暴言でののしる場面を目撃して育ったタッカーさんが口を開いた。「父がいつ怒り出すか分からず、外食しても食べた気にならなかった。父が単身赴任をしてから外食をしまくり、1カ月の食費が10万円以上だったこともある」と体験を語ると、参加したメンバーが「抑圧は大人になって、自由になってから噴き出す」とホワイトボードに書き込んでゆく。

 ダイスケさんもDV家庭で育った一人。父は母を1カ月に1度の頻度で殴ったという。いつも家には緊張した…

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  3. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  4. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  5. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです