メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

面前DVに遭って 第2章/下 経験共有し、取り戻す安心

フィードバック研究会で出てきた意見が次々に書き込まれていった=札幌市で、坂根真理撮影

 ●成人後、抑圧の反動

 虐待や面前でのドメスティックバイオレンス(DV)の経験がある20代の男女らがテーブルを囲み、子ども時代の暴力や抑圧体験をテーマに意見を交わした。若者たちは、お互いをニックネームで呼び合う。

 父が母を暴言でののしる場面を目撃して育ったタッカーさんが口を開いた。「父がいつ怒り出すか分からず、外食しても食べた気にならなかった。父が単身赴任をしてから外食をしまくり、1カ月の食費が10万円以上だったこともある」と体験を語ると、参加したメンバーが「抑圧は大人になって、自由になってから噴き出す」とホワイトボードに書き込んでゆく。

 ダイスケさんもDV家庭で育った一人。父は母を1カ月に1度の頻度で殴ったという。いつも家には緊張した…

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2281文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷が奪三振ショー 7回無失点で降板
  2. サッカーキング セルジオ越後氏、日本代表は「監督の去就しか見出しにならない」「20年で何も変わっていない」
  3. 大谷翔平 エンゼルス監督からは“三刀流の宿題”(スポニチ)
  4. サッカー日本代表 ハリル監督を解任 会長が本人に伝える
  5. 大リーグ 大谷が2勝目 圧巻の奪三振ショー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]