メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

医療と介護の懸け橋 地域包括ケア病棟 退院後の高齢者、支援

立つ、歩く、トイレ… 日常動作リハビリを

 超高齢化社会で医療と介護の懸け橋となる地域包括ケア病棟の役割が注目されている。医師、看護師、理学療法士やソーシャルワーカーら多職種のチームワークで患者が早期に自分らしい生活ができるように支援している「まるがめ医療センター」(丸亀市津森町)の青木伸弘理事長(70)と病棟の行成美千代看護師長(53)、メディカルソーシャルワーカーの西森さなえさん(34)に地域包括ケア病棟における取り組みを聞いた。(文中敬称略)

この記事は有料記事です。

残り2975文字(全文3200文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]