メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

医療と介護の懸け橋 地域包括ケア病棟 退院後の高齢者、支援

立つ、歩く、トイレ… 日常動作リハビリを

 超高齢化社会で医療と介護の懸け橋となる地域包括ケア病棟の役割が注目されている。医師、看護師、理学療法士やソーシャルワーカーら多職種のチームワークで患者が早期に自分らしい生活ができるように支援している「まるがめ医療センター」(丸亀市津森町)の青木伸弘理事長(70)と病棟の行成美千代看護師長(53)、メディカルソーシャルワーカーの西森さなえさん(34)に地域包括ケア病棟における取り組みを聞いた。(文中敬称略)

この記事は有料記事です。

残り2975文字(全文3200文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです