メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

返信は一息置いて=東京大教授、精神科医 佐々木司

 電子メールが使われるようになって20年余、人との連絡は飛躍的に速く、手軽になった。若い世代では、電子メールもすたれてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が主役となり、さらにスピードアップしているようだ。

 便利な時代になったと思う。昔は人に何かを伝えるのは大変だった。電話で簡単に伝えられること以外は、もっぱら手紙だった。便箋と封筒を用意し、手で文章を書き、切手を貼って出す。手間も時間もかかる。書ける回数は限られるので、内容は自然と慎重になり、下手な字を直したりするとさらに時間がかかった。ラブレターのように必死に書く手紙なら、一日がかりも普通だった。

 メールやSNSで便利になった半面、問題もある。さっさと送れる分、内容をろくに見直さずに送信すること…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです