メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

返信は一息置いて=東京大教授、精神科医 佐々木司

 電子メールが使われるようになって20年余、人との連絡は飛躍的に速く、手軽になった。若い世代では、電子メールもすたれてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が主役となり、さらにスピードアップしているようだ。

 便利な時代になったと思う。昔は人に何かを伝えるのは大変だった。電話で簡単に伝えられること以外は、もっぱら手紙だった。便箋と封筒を用意し、手で文章を書き、切手を貼って出す。手間も時間もかかる。書ける回数は限られるので、内容は自然と慎重になり、下手な字を直したりするとさらに時間がかかった。ラブレターのように必死に書く手紙なら、一日がかりも普通だった。

 メールやSNSで便利になった半面、問題もある。さっさと送れる分、内容をろくに見直さずに送信すること…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文990文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]