メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

うな重×将棋会館 勝負メシ、魂の対局演出

イラスト 佐々木悟郎

 張り詰めた空気に、駒音が響いた。

 9月14日朝、東京・千駄ケ谷の将棋会館「飛燕(ひえん)」の間。7四歩。開始から間もなく、佐藤慎一五段(35)はほとんど前例のない攻めの一手を指した。向かい合うのは藤井聡太四段(15)。史上最年少で棋士になり、29連勝の記録を作った若き天才だ。

 藤井四段とは話したこともないが、対局を心待ちにしていた。「相手は必ず良い手を指す。応えられればきっと面白い将棋になる」

 お昼の時間が来た。棋士にとって食事は勝負のうちでもある。相手より豪華さや量で上回り心理的に優位に立…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです