メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

うな重×将棋会館 勝負メシ、魂の対局演出

イラスト 佐々木悟郎

 張り詰めた空気に、駒音が響いた。

 9月14日朝、東京・千駄ケ谷の将棋会館「飛燕(ひえん)」の間。7四歩。開始から間もなく、佐藤慎一五段(35)はほとんど前例のない攻めの一手を指した。向かい合うのは藤井聡太四段(15)。史上最年少で棋士になり、29連勝の記録を作った若き天才だ。

 藤井四段とは話したこともないが、対局を心待ちにしていた。「相手は必ず良い手を指す。応えられればきっと面白い将棋になる」

 お昼の時間が来た。棋士にとって食事は勝負のうちでもある。相手より豪華さや量で上回り心理的に優位に立…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1368文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警
  5. 加計問題 愛媛県と面会「官邸主導」か 藤原氏仲介否定で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]