メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

うな重×将棋会館 勝負メシ、魂の対局演出

イラスト 佐々木悟郎

 張り詰めた空気に、駒音が響いた。

 9月14日朝、東京・千駄ケ谷の将棋会館「飛燕(ひえん)」の間。7四歩。開始から間もなく、佐藤慎一五段(35)はほとんど前例のない攻めの一手を指した。向かい合うのは藤井聡太四段(15)。史上最年少で棋士になり、29連勝の記録を作った若き天才だ。

 藤井四段とは話したこともないが、対局を心待ちにしていた。「相手は必ず良い手を指す。応えられればきっと面白い将棋になる」

 お昼の時間が来た。棋士にとって食事は勝負のうちでもある。相手より豪華さや量で上回り心理的に優位に立…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1368文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]