メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る東海百景

愛知は「将棋王国」 瀬戸出身藤井四段プロ1年 指導員、全国最多

 愛知県瀬戸市出身で名古屋大教育学部付属中3年のプロ棋士、藤井聡太四段(15)がプロ入りして1日で1年となった。新たなスターが愛知県から誕生したのは、偶然なのだろうか。日本将棋連盟(東京本部)によると、愛知県は連盟所属の将棋普及指導員数が全国で最多など、「将棋王国」といっても過言でないほどファン層の厚い土壌があった。【尾崎稔裕、吉富裕倫】

 将棋の普及の目安となる日本将棋連盟の支部数は、最多から順に、東京都51支部▽愛知県33支部▽埼玉県…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文586文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]