メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおもり人模様

完熟ミニトマト普及目指す 渋谷耕平さん(31) 誇り持って逸品届ける /青森

一粒50円以上になるというベビーベビーを手にする渋谷さん。贈答品としての人気を踏まえ、箱のデザインも高級感にこだわったという=青森市内で

 <あおもり人模様(ひともよう)>

 6年前、初めて食べた一口目のインパクトは強烈だった。赤い実を覆う薄い膜は「口の中で一瞬で溶けて消えた」。赤ちゃんの頬のような柔らかい薄皮から「ベビーベビー」と名付けられた青森市の新ブランドのミニトマト。それから5年後の昨年6月、最高の味と販路拡大を目指す「AOMORIベビーベビー研究会」を市内有志の農家7人と発足させた。事務局として選果や箱詰め、販路開拓まで役割は多岐にわたる。

 「農業については今も素人」と笑う。県立青森工業高を経て首都圏の工業大学へ進学。卒業後は実家がある青…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです