メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

思想史のさまざまな読み方

 日本政治思想史研究者の苅部直・東大教授が著書『日本思想史への道案内』(NTT出版)を刊行した。書名は入門書のようなものを思わせるが、歯ごたえのある内容だ。

 まず、日本思想史という学問が、その性質上、いやおうなく政治と結び付かざるを得なかった歴史が明らかにされている。どういうことかというと、大学のアカデミズムにおいて「近代における学問としての日本思想史研究の出発点」は、「国民道徳論の講義や著作」にあった。

 東京帝国大哲学科教授だった井上哲次郎の『国民道徳概論』(1912年)が例に挙げられているが、明治の…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです