メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

思想史のさまざまな読み方

 日本政治思想史研究者の苅部直・東大教授が著書『日本思想史への道案内』(NTT出版)を刊行した。書名は入門書のようなものを思わせるが、歯ごたえのある内容だ。

 まず、日本思想史という学問が、その性質上、いやおうなく政治と結び付かざるを得なかった歴史が明らかにされている。どういうことかというと、大学のアカデミズムにおいて「近代における学問としての日本思想史研究の出発点」は、「国民道徳論の講義や著作」にあった。

 東京帝国大哲学科教授だった井上哲次郎の『国民道徳概論』(1912年)が例に挙げられているが、明治の…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1472文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 特集ワイド 「右」「保守」にも「安倍政権NO」
  5. Hey!Say!JUMP 岡本さん活動休止、米留学へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]