メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

それでも争点は安倍政治=与良正男

 「排除の論理」が一種の流行語になったのは1996年だった。

 この年9月、当時のさきがけを離党して旧民主党を結成した鳩山由紀夫氏は、さきがけと社民党の丸ごと合流を否定し、さきがけの代表格だった武村正義氏らの参加を拒んだことからしきりと使われた言葉だ。

 あの時も結党は臨時国会冒頭で衆院が解散された翌日というドタバタだった。私も「排除の論理」を批判する記事を随分書いたものだ。

 今回の希望の党と民進党との連携話は「歴史は繰り返す」といった様相である。さて、どう考えるか。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです