メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

戦争遺跡・旧陸軍飛行場油倉庫、公費解体始まる 市民団体が保存訴えも /熊本

重機によってコンクリート製の油倉庫の解体が続いた

 太平洋戦争時に建造され、昨年4月の熊本地震で全壊認定された熊本市南区城南町の旧陸軍隈庄(くまのしょう)飛行場の油倉庫(高さ約2・5メートル、幅約15・5メートル、奥行き約4・3メートル)の公費解体が2日、始まった。1週間ほどで完了する予定。県内の戦争遺跡を調べている市民団体「くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク」は建物の文化的価値を訴えて市や県に保存を求めてきたが、行政は応じず、所有者が解体を申請していた。

 同ネットワークによると、隈庄飛行場(南北約1・8キロ、東西約3キロ)は1941年ごろ、大刀洗陸軍飛…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文593文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです