メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 内村が棄権 個人総合に誇り 種目別の自分、思い描けず

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操男子の内村航平(28)=リンガーハット=の、世界選手権個人総合の連覇記録が6で止まった。2日に行われた予選の、跳馬の着地で左足首を痛めたことで棄権を余儀なくされた。しかし2009年の世界選手権で初優勝して以来、2度の五輪を挟み8年間にわたって世界の頂点に立ち続けたことは「伝説(レジェンド)」と呼ぶにふさわしい偉業だ。

 内村を支えたのは「体操は6種目やってこそ」という個人総合に対する強い誇りだ。今大会は五輪の翌年とあ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです