メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界体操

白井は予選4位で決勝へ 種目別の安里、宮地も

白井健三=カナダのモントリオールで2017年10月2日、ロイター

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権は第2日の3日、男子予選が終わり、白井健三(日体大)が個人総合で85.697点の4位となり、上位24人による5日(日本時間6日)の決勝進出を果たした。種目別も得意の床運動で1位、跳馬も2位で予選を突破した。

 このほか、跳馬で安里圭亮(相好ク)が4位、鉄棒は宮地秀享(茗渓ク)が8位で予選通過。ともに上位8人(各国・地域最大2人)で争う決勝に進んだ。

 この日は女子予選も開始。日本は4日(日本時間5日午前)の最終5班に登場する。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです