メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

内村は全治2~3週間 靱帯損傷、手術の必要なし

内村航平=カナダのモントリオールで2017年10月2日、ロイター

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権の男子予選で左足首を痛めて途中棄権し、個人総合7連覇を逃した内村航平(28)=リンガーハット=が、左足首の外側靱帯(じんたい)の損傷で全治2~3週間と診断された。日本体操協会の水鳥寿思・男子強化本部長が3日、明らかにした。骨に異常はなく、手術の必要はないという。今後は足の状態などを確かめながら、復帰の時期を検討する。

     内村はこの日、市内の病院で磁気共鳴画像化装置(MRI)やレントゲンによる検査を受けた。水鳥本部長は「(予想より重傷ではなく)ほっとしている。もう少しかかると思っていた」と話した。内村は引き続きチームに同行する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. 日清食品 カップそば自主回収
    3. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
    4. 明星食品 カップ麺9万食を自主回収
    5. WEB CARTOP 最近のクルマがスペアタイヤを積まない理由とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]