メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

内村は全治2~3週間 靱帯損傷、手術の必要なし

内村航平=カナダのモントリオールで2017年10月2日、ロイター

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権の男子予選で左足首を痛めて途中棄権し、個人総合7連覇を逃した内村航平(28)=リンガーハット=が、左足首の外側靱帯(じんたい)の損傷で全治2~3週間と診断された。日本体操協会の水鳥寿思・男子強化本部長が3日、明らかにした。骨に異常はなく、手術の必要はないという。今後は足の状態などを確かめながら、復帰の時期を検討する。

     内村はこの日、市内の病院で磁気共鳴画像化装置(MRI)やレントゲンによる検査を受けた。水鳥本部長は「(予想より重傷ではなく)ほっとしている。もう少しかかると思っていた」と話した。内村は引き続きチームに同行する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    2. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    3. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
    4. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
    5. Features・平昌の主役たち Vol.11 スキージャンプ男子団体 葛西紀明 レジェンド、折れぬ翼

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]