メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

内村は全治2~3週間 靱帯損傷、手術の必要なし

内村航平=カナダのモントリオールで2017年10月2日、ロイター

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権の男子予選で左足首を痛めて途中棄権し、個人総合7連覇を逃した内村航平(28)=リンガーハット=が、左足首の外側靱帯(じんたい)の損傷で全治2~3週間と診断された。日本体操協会の水鳥寿思・男子強化本部長が3日、明らかにした。骨に異常はなく、手術の必要はないという。今後は足の状態などを確かめながら、復帰の時期を検討する。

     内村はこの日、市内の病院で磁気共鳴画像化装置(MRI)やレントゲンによる検査を受けた。水鳥本部長は「(予想より重傷ではなく)ほっとしている。もう少しかかると思っていた」と話した。内村は引き続きチームに同行する。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
    4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです