メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

与金星4からの大逆転=武藤久

 大混戦だった9月の秋場所も最後は皆勤した横綱、大関2人の優勝争いだったから番付は実によくできている。

 優勝した日馬富士は両肘、両足首にサポーターの満身創痍(そうい)の土俵。休場してなおるようなケガでもなく「うちの横綱が一番休みたいはずだった」とは部屋の関係者。先に3横綱に休場宣言されて嘆息しながらの出場だったようだ。

 不安は序盤で的中。阿武咲戦では頭から一回転して土俵に転がるなど3日連続で金星を提供した。それでも敵…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです