メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

与金星4からの大逆転=武藤久

 大混戦だった9月の秋場所も最後は皆勤した横綱、大関2人の優勝争いだったから番付は実によくできている。

 優勝した日馬富士は両肘、両足首にサポーターの満身創痍(そうい)の土俵。休場してなおるようなケガでもなく「うちの横綱が一番休みたいはずだった」とは部屋の関係者。先に3横綱に休場宣言されて嘆息しながらの出場だったようだ。

 不安は序盤で的中。阿武咲戦では頭から一回転して土俵に転がるなど3日連続で金星を提供した。それでも敵…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです