メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

与金星4からの大逆転=武藤久

 大混戦だった9月の秋場所も最後は皆勤した横綱、大関2人の優勝争いだったから番付は実によくできている。

 優勝した日馬富士は両肘、両足首にサポーターの満身創痍(そうい)の土俵。休場してなおるようなケガでもなく「うちの横綱が一番休みたいはずだった」とは部屋の関係者。先に3横綱に休場宣言されて嘆息しながらの出場だったようだ。

 不安は序盤で的中。阿武咲戦では頭から一回転して土俵に転がるなど3日連続で金星を提供した。それでも敵…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文916文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]