メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

研究支援 バイオリニストのレイ・チェンさん、東京で演奏会 ノーベル賞機に山中さんと交流「目標追究の思い同じ」

2012年のノーベル賞授賞式に合わせて開かれたコンサートで出会った山中伸弥京都大教授(左)とバイオリニストのレイ・チェンさん=レイ・チェンさん提供

 iPS細胞研究を支援するための初のチャリティーコンサートが来年1月、東京都内で開かれる。iPS細胞の生みの親の山中伸弥・京都大教授(55)がノーベル賞を受賞した2012年、授賞式に合わせてストックホルムで開かれたコンサートで演奏した世界的なバイオリニスト、レイ・チェンさん(28)の協力を得て、実現することになった。チェンさんは「多くの人にこの研究の重要性に気付いてもらう機会にしたい」と語る。【永山悦子】

 台湾生まれのチェンさんは、09年にエリザベート王妃国際コンクールで最年少優勝を果たすなど、世界が注…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです