メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふなやんの日々是好日

夏鳥の旅支度 電線で羽休めるコシアカツバメ /島根

「そこ空いてる? おいらもスワローっと」=島根県邑南町で、日本写真家協会会員 船津健一撮影

 毎年この時期の朝方、電線に羽を休める鳥の姿が目に付く。結構な数がひしめき合い、「これぞスズメの電線音頭だな」と目を細めていた。だが、ホバリング(空中停止)すると、燕尾服(えんびふく)をまとったような独特の姿に「あれれ、ツバメなのかも?」。

 「日本野鳥の会」に写真を見てもらった。我が国にやって来るツバメには幾つかの種類が…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです