メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ゲノム編集最前線/下 国の指針や法整備、議論の場を 日本ゲノム編集学会長 山本卓・広島大教授に聞く

日本ゲノム編集学会長の山本卓・広島大教授=広島県東広島市の広島大で、鳥井真平撮影

 生物の遺伝子を効率よく改変する新技術「ゲノム編集」について、昨年4月に設立された日本ゲノム編集学会長の山本卓・広島大教授(ゲノム生物学)に話を聞いた。

 --2012年に登場したゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」による研究の現状は?

 国内では、筋肉細胞の増殖を抑える遺伝子を改変し、肉量を増やしたブタやマダイのほか、腐りにくいトマト、収穫量が上がるイネなど食物の開発が進んでいる。私の研究室でも、バイオ燃料を作り出す藻類「ナンノクロロプシス」を遺伝子改変して生産量を上げる研究に取り組んでいる。

 --難病治療など、医療への応用にも期待がかかる。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1151文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです