メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ゲノム編集最前線/下 国の指針や法整備、議論の場を 日本ゲノム編集学会長 山本卓・広島大教授に聞く

日本ゲノム編集学会長の山本卓・広島大教授=広島県東広島市の広島大で、鳥井真平撮影

 生物の遺伝子を効率よく改変する新技術「ゲノム編集」について、昨年4月に設立された日本ゲノム編集学会長の山本卓・広島大教授(ゲノム生物学)に話を聞いた。

 --2012年に登場したゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」による研究の現状は?

 国内では、筋肉細胞の増殖を抑える遺伝子を改変し、肉量を増やしたブタやマダイのほか、腐りにくいトマト、収穫量が上がるイネなど食物の開発が進んでいる。私の研究室でも、バイオ燃料を作り出す藻類「ナンノクロロプシス」を遺伝子改変して生産量を上げる研究に取り組んでいる。

 --難病治療など、医療への応用にも期待がかかる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 勝利に両手、両膝をコートに 錦織「とても幸せ」 全豪テニス3回戦進出
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです