メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界体操

得意の床で大技ピタリ 村上個人総合予選首位

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権4日、女子予選が行われ、個人総合で村上茉愛(まい)=日体大=が4種目合計55.933点で首位となり、6日(日本時間7日)の決勝へ進出した。

        ◇

 米国勢など他の有力選手にミスが目立ったとはいえ、首位通過は実力の証しだ。メダルを狙える位置に立った村上は「運が良かったが、(世界大会の)1番は人生で初めてなので。うれしいですね」と表情を和らげた。

 最初の種目は落下の懸念が大きく緊張感が伴う平均台。ターンでややふらつく場面はあったが無難にまとめた…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです