メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

核廃絶運動に平和賞 国連「市民の努力結実」 米「平和に寄与せぬ」

 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=アイキャン)のノーベル平和賞受賞決定を受け、国連や関係国などからは歓迎の声が相次いだ。しかし、世界最大級の核兵器保有国である米国は、ICANが推進した核兵器禁止条約を支持せず参加もしない方針を維持。核廃絶に向けた歩みの困難さを改めて印象づけた。

 受賞決定を受け国連のグテレス事務総長は6日、報道官を通じ、「核兵器が使用された場合の人道的、環境的結末を世に知らしめた市民社会の努力を認めた」と述べ、歓迎する声明を発表した。グテレス氏は「核兵器に対する懸念は冷戦後最も高いレベルに達している」と指摘。国連が追求する目標である「核兵器なき世界」に向け、全加盟国がより努力するよう訴えた。

 中満泉事務次長も同日、国連本部で記者会見し、「世界が北朝鮮による核の危機に直面しているタイミングで…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです