メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 白井「ほっとした」 勝負して得た幸運 個人総合銅

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】第4日の5日、当地で男子個人総合決勝が行われ、同種目初代表で予選4位の白井健三(日体大)が合計86・431点で銅メダルを獲得した。日本勢はこの種目で2003年大会から11大会連続の表彰台となった。予選2位の肖若騰(中国)が86・933点で初優勝し、2位にも中国の林超攀が86・448点で入った。

 予選を首位通過し、前回大会2位のマンリケ・ラルドゥエト(キューバ)は5位、昨夏のリオデジャネイロ五…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです